一人暮らしカタログ情報

HOME > 一人暮らし応援情報TOP > 学生マンションとは

学生マンションとは?

「学生マンション」とはいったい何でしょうか?
学生マンションとは 通常のアパートやマンションの場合、同じフロアや上下階の住人はさまざま。
社会人・夫婦・家族など、世帯によって世代や生活習慣が当然異なります。
よって、見知らぬ"隣人"に対し、暮らしの気遣いが必要な場面が自然と多くなります。

せっかくのひとり暮らし、思わぬ「隣人トラブル」のリスクは出来るだけ避けたいところ。
良い環境の住まいをみつけたいですよね。

友達ができやすい学生マンション

そこで味方になるのが、学生専用の「学生マンション」です。
学生だけが入居するマンションなら、暮らしのペースやスケジュールはほぼ同じ。
気心が知れた同世代の仲間が集まり、余計な気遣いも不要で、さらには友人もできやすいのです。

最近ではマンションや運営会社によって、イベントなどで住人同士の交流を図っているところもあるそうです。
最初は誰でも不安なひとり暮らし、友人が出来れば安心でより楽しくなること受けあいです。

たいていの学生マンションにはいろいろな地域や大学の学生が集まっているので、他の大学の友達ができたりするかもしれませんね。

学生マンションのメリット・デメリット

以上、学生マンションのメリットはだいたい分かって頂けたと思います。
では、下宿や学生会館にデメリットのようなものはあるのでしょうか?

以下の6つの項目でメリット・デメリットの比較をしてみました。

学生マンション 下宿 学生会館
建物 鉄筋コンクリートまたは鉄骨造りの中高層集合住宅。冷暖房効率・防音性・防振性などに優れます。 多くは木造で、通気性に優れます。冷暖房効率はあまり良くないが、木の暖かみは日本家屋の伝統を感じます。 ほとんどの学生会館が鉄筋コンクリートのマンション式。快適に過ごせます。
費用 生活に必要な基本的なものは備えつけの場合がほとんど。マンションと比べると安上がりです。 間借りのため、室料は同条件のアパートに比べかなり安い。但し、室料に食事費が含まれている場合はこの限りではありません。 ベッド、デスク、冷暖房など生活に必要な家具・家電は備え付け。最低限の費用で済みます。
物件数 一般のマンションに比べ、物件数は少ない。人気の学生マンションは、すぐに満室になるため、早めの申し込みを。 学生マンションと同様、物件数は限られます。 アパート・マンションに比べ、物件数は少ない。人気の学生会館はすぐに満室になるため、早めの申し込みを。
プライバシー 風呂・トイレが備え付けのため、アパート・マンションと同様のプライバシーを確保。 食堂や風呂・トイレが共同の場合が多い。下宿ならではのコミュニケーションにも期待。 ほとんどの学生会館はひとり部屋。一部、風呂は大浴場のところも。大きな湯船のお風呂は癒しに。
騒音 耐震性、防音性に優れ、隣人に気を遣うことなく生活ができます。 古い建物が多いので隣人の騒音が漏れる場合もあるようです。 耐震性、防音性に優れ、隣人に気を遣うことなく生活ができます。
人付き合い 住人はすべて学生。友人の輪が広がるかも。 ほとんどが同じ学校の学生なので話が合う友人ができるかも。試験期間は心強いでしょう。 住人はすべて学生で、しかも同性ばかり。気がねなく暮らせます。
(出典:学生マンション賃貸情報

学生マンションの資料を請求しよう!

学生マンションに興味が湧きましたら、パンフレットを請求していろいろと比べてみましょう。
管理会社によって学生マンションの設備や規則などが違いますので、複数の資料を請求して比較するのがベストです。
学生マンションのパンフレット請求はこのページからできますので、ぜひご利用ください。

もっと詳しい学生マンションの情報は以下のサイトをご参照ください。
学生マンション賃貸情報