一人暮らしカタログ情報

HOME > 一人暮らし応援情報TOP > 新聞奨学会を知る

新聞奨学会を知る

新聞奨学会という選択肢

進学にひとり暮らしとなると、それにかかる費用も馬鹿になりません。
もし、進学資金が不安なら新聞奨学会という手段もあります。
新聞奨学会(新聞社)によって制度が若干異なりますが、基本システムを知って興味があれば利用してみましょう。
以下に詳しく紹介しますので検討してみてください。

新聞奨学会を知ろう

奨学金と聞くと、大学・短大・専門学校などの教育機関への入学から卒業までに必要なお金を借りて、卒業後に働きながら返すことをイメージすると思います。
新聞奨学会を知る たとえば、私立4年制大学の場合、卒業までに必要な金額は300万円から400万円くらいになります。
これを全額返済するのは当然大変なことで、返済できる目処が立たない人も増えており、近年では社会的関心も高まっています。

新聞奨学会制度は、奨学会が学費を立て替える代わりに、その名の通り新聞配達で得た給与から奨学金を差し引かれた金額を受け取るシステムになっています。

早い話が、新聞配達のアルバイトで学費を稼ぐ、ということですね。
卒業後にお金を返すというよりも、在学中に体を資本にして返済するというイメージになります。

確立された制度

新聞奨学制度で学費が払えたとしても、別に生活費の保証はあるのでしょうか?
この制度では無料の個室を用意してくれます。
食費については新聞社により異なりますが、月額25,000円程度の負担で朝・夕食がついてきます。
つまり、まかない付きで家賃25000円と考えると分かりやすいでしょう。
地域にもよりますが、相当安上がりではないでしょうか。

また、国民健康保険や労災保険などに加入し、自転車・バイク保険にも加入するシステムもあるようです。
奨学会によっては一般の会社並みに社会保険料の一部を負担してくれるところもあります。
余分な費用が発生してしまわないよう、この辺りはきっちりと調べるとよいでしょう。

自立生活への第一歩

新聞奨学生とは言うなれば、仕事をしながら学校に通い、ひとり暮らしの自分の城を持つということです。
昭和の貧しかった時代には、新聞配達をしながら学費を稼ぐ学生が日本全国至る所にいて、それは決して珍しい存在ではありませんでした。

親からの援助を受ける必要のない完全に自立した生活を送ることができます。
しっかり自分を律せる、自立的な方にはうってつけの制度といえるかもしれません。

稼いだ給料から親へ仕送りをしたり、将来のために貯金をしたり、目的を持ってイキイキ働きたい方に向いています。

仕事は慣れるまではキツイかも…

新聞配達とは、そもそもどのような仕事なのでしょうか?
朝はだいたい3時に起床して朝刊を配達し、6時30分頃に朝の業務が終了します。

学生の本分は学業なので、ハードな生活によって睡眠不足に陥ってしまい、昼間の学業に身が入らなければこれは本末転倒です。
よって、朝に強い方、ショートスリーパーな方、体力に自信がある方、意志が強い方、そしてなにより新聞や新聞配達そのものが好き、という方でないと学業との両立は遂げられないかもしれませんね。

新聞自体を購読する人が減っている今の時代。
新聞配達と聞いてピンと来る若い方は少数かもしれませんが、シニアの方々には依然として人気のある伝統あるメディアでもあります。

さらに「早起きは三文の得」ということわざもある通り、なんといっても早起きするということ自体、生活にハリが出ます。
不規則で乱れがちな生活ではなかなか味わえない充実感や達成感を体験することができるでしょう。

新聞を愛する方々に大切なこころを運ぶ仕事、と考えると大きなやり甲斐が見えてくるのはないでしょうか。
両立はハードで大変なぶん、卒業までやり遂げる強い意志があれば大きな自信となることは間違いないでしょう。
一生の財産となる思い出を作れるかもしれませんね。

就職活動に有利な面も

新聞配達のひとつのメリットとしては、就職活動時には在籍した新聞社から「就職推薦状」が発行されることがあるようです。
しっかり新聞販売店で勤めていたというお墨付きは、企業の担当者からのひとつの好感度の目安になるでしょう。

新聞奨学会により制度の詳細は異なりますが、下記に奨学会の概要を掲載しています。
興味を持たれた方は、各新聞奨学会に資料請求してみてくださいね!

朝日奨学会・毎日育英会・読売育英奨学会・日経育英奨学会・産経新聞奨学会 すべてのパンフレット請求はこのページからできます。